奈良発、京都ゆき近鉄汎用特急約30分の旅

 2017-06-22
 本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、近鉄の汎用特急に乗ってきたので紹介したい。それでは、どうぞ。
0618kintetsu1.gif

約30分のデラックスな旅
 近鉄奈良駅は地下駅だ。近鉄奈良駅の改札口に到着する。特急券を買い、改札を通る。発車まで時間があったので、改札内のコンビニで、缶コーヒーとパン2個を買う。そして、ホームに降りる。京都ゆき特急が停まっていた。発車まで時間があるので、写真を撮る。4両編成で、後2両が旧特急カラーで、前2両が新特急カラーだ。一番前の4号車に乗る。指定された席に座る。特急京都ゆきが発車した。発車して地下を出ると、緑の風景が広がる。車内は結構混んでいる。近鉄特急は全席指定席なので、立ち客はいない。当たり前か。電車は、大和西大寺に到着する。大和西大寺からの乗車があった。電車が発車した。車内は少しにぎやかだったが、少したつと、静かになった。電車は、快調に走る。緑も見えるが、住宅も結構建っている。さて、パンを2個食べる。そして、コーヒーを飲む。急行の車内で食べると迷惑だが、特急でリクライニングシートに座りながら食べられるのは、近鉄特急の特権だ。電車は、鉄橋をゆっくり渡り、しばらく走ると、丹波橋に到着した。京都まであと少しなので、乗ってくる人はいないと思ったが、2人乗ってきた。しかし、運転席から運転手が出てきて、特急券を持っていなかったので降ろす。そして、発車する。丹波橋を発車してしばらく走ると、公園に置いてある京都市電が見えた。何かよいことがありそうだ。電車は、京都市営地下鉄の車両が停まっている竹田を通過する。そして、高架に上がる。高架上の各駅を通過する。京都駅の手前で、スピードが落ちる。ゆっくりと走る。そして、終点の京都に到着する。30分だったが、快適な移動が出来た。本日の旅は、ここで終わりとしよう。
0618kintetsu3.gif
スポンサーサイト
鉄道

京都の観光地は混んでいるが、バスも混んでいる 特集1343

 2017-06-21
 本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、京都の交通について書きたい。それでは、どうぞ。
0409kyoutoshibus1.gif

観光地もバスも混雑
 京都市内の観光地は、かなり混雑しており、この点が問題となっている。京都の観光地の混雑の解決自体は、知られていない観光地に誘導したり、新たな観光地を造ればよい。問題は、公共交通機関の混雑問題だ。京都の観光地は、市営バスでしか行けない観光地も多い。しかし、市営バスはすし詰め状態の混雑であり、時間通り走っていない問題もあるが、バスが来ても混んでいて乗れない問題もある。輸送力不足になっている。これの解決は、LRT導入以外に方法はない。LRT導入は避けて通れない問題であり、早く導入するべきだ。
0555fukutetsu2.gif
鉄道

221系は美しい 特集1342

 2017-06-20
 本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、JRについて書きたい。それでは、どうぞ。
0305jrw1.gif

221系+223系
 山陰本線京都口を走る221系は美しい白をベースに、車体下部のラインは美しい。しかし、時々見かける221系4両に2両の223系を連結した編成は、非常に残念だ。4両の美しい221系を、2両の223系ステンレスの無塗装がダメにしている。しかし、仕方がない事だ。JR西日本と言えば、新快速だ。せめて京阪神間を走る東海道線の223系や225系くらいは、221系と同じ色に塗装するなり、ラッピングをするなりしてほしいものだ。
0499jrw4.gif
鉄道

京都から奈良へ、みやこ路快速に乗る

 2017-06-19
 本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、JR奈良線のみやこ路快速に乗ってきたので紹介したい。それでは、どうぞ。
0618jrw1.gif

うつくしい221系
 京都駅のJR奈良線ホームに着いた。103系の奈良ゆきが停まっている。古い車両が現役で走っているのは鉄道ファンにとってはうれしいだろう。ただ、毎日乗っている人や乗務員にとっては、迷惑だろう。103系の普通奈良ゆきが、発車した。別のホームに221系みやこ路快速奈良ゆきが停まっている。6両編成だ。発車まで時間があったので、自動販売機でお茶を買う。1番前の車両に乗る。結構すいている感じがした。車両によって、乗り具合は違うだろう。

快速の走り
 みやこ路快速奈良ゆきが発車した。電車はゆっくり動き出し、右に曲がって鉄橋を渡れば、東福寺に到着する。ここで、結構たくさん乗車した。電車が発車した。電車は、快速らしく途中の駅を通過する。JR藤森を通過すると、単線となる。桃山で運転停車となる。電車は停まるが、ドアは開かない。普通京都ゆきと行き違う。そして、発車した。しばらく走り、六地蔵に到着する。京都市営地下鉄東西線との乗換え駅だ。少し離れているが、京阪六地蔵駅もある。ターミナルのような感じだが、イトウヨーカドーは閉店した。電車は、六地蔵を発車した。電車は、しばらくの間走る。川を渡り、宇治に到着する。先に京都駅を発車した103系普通奈良ゆきと接続する。そして、先に発車する。少しの間複線だが、すぐに単線となる。電車は快調に走る。しばらく走り、城陽に到着する。そして、発車する。玉水に停まり、発車する。電車は、緑の中を走る。住宅もある。そして、木津に到着する。奈良線はここまでだが、ここから関西本線に乗り入れる。電車が発車した。電車は順調に走る。しばらくして、高架に上がり、終点の奈良に到着する。本日のみやこ路快速の旅はここで終わりとする。
0618jrw2.gif
鉄道

バスの自動運転は可能か 特集1341

 2017-06-17
 本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、バスの自動運転について書きたい。それでは、どうぞ。
0305jrb1.gif

実現可能を前提に動いている
 バスの運転手不足がこれから深刻になる。しかし、何の対策をとっていない。何の対策もしない理由のひとつに、将来はバスの自動運転が実現するとの考えがある。しかし、バスの自動運転が実現するのだろうか。私にはわからない。しかし、2020年までの実現可能はないと考える。過去に、実現可能だといっていた技術で、実際には無理だった例がたくさんある。バスの自動運転が出来るといって、実際は出来ませんでしたということもあるだろう。バスの自動運転が可能になったとしても、まだまだ問題点はいくつもある。高速バスの自動運転などには、心配なところがある。それは、バスジャック対策だ。自動運転なので、乗客以外は誰も乗っていないときに、バスジャックが発生したときには、どうするのだろうか。または、バスに火をつける犯罪者なども想定される。防犯対策のためには、結局運転手を乗せないといけないことになる。それなら、自動運転にはなったが、運転手が必要となり、バスの運転手不足対策にはならない。地方を走る無人の路線バスは、運転手を乗せない事によって、経費の大幅な削減が可能だ。ただ、それでも採算が採れない時に、無人路線バスをバス会社が走らせるだろうか。これも心配だ。無人路線バスが事故を起こした場合、誰が責任をとるのだろうか。無人の路線バスで、運賃収受の時に、不正乗車を完全に防ぐ方法があるのだろうか。問題は山積みだ。自動運転のバスが実現する事を前提に考えるのではなく、実現できた場合と、実現できない場合の両方の場合の事を考えるべきだ。今は、自動運転のバスが出来る事を前提に動いている事が心配だ。

お知らせ
 明日18日(日)は、当ブログはお休みします。ご了承ください。
0566keihankkbus1.gif
鉄道
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫